ミャンマー・タイ旅行記 3日目後半
寺の後は、ガラス工房へ連れて行ってくれると言うので、
そこへ行くことに、行く道中も俺にとっては新鮮で楽しかった。
ピックアップトラックに大勢人が乗っている光景や、街の食堂、ミャンマー人をみてるだけで本当に楽しい。この地にきて本当に良かったなと思う。

f0019356_21495531.jpg

街中の風景、良い感じ


ガラス工房はなんだかさびれた感じだった、
なんでもココは、ガラス瓶や割れてしまったコップなどをもう一回溶かして、それをリサイクルして、新しいガラス製品を作っているらしい。
そこの主人は、ミンチョウの友達らしく、特別にガラス工房内を案内してしくれた。
そこの主人のおじいさんがやり始めたらしく、約100年近くやっているらしい、
工房で働いてる人は少なく男が五人くらいで作業をしていた。
今は魚の形をした花瓶を売っているようだ。作り型とかを丁寧に教えて見せてくれた。

f0019356_22294313.jpg

ガラス工房入り口、普通の民家みたいなトコだった。


f0019356_2231537.jpg

巨大釜、スゲー暑かった。


ガラス工房をみてから、腹が減ったのでレストランに連れて行ってもらった。
田舎のレストランといった感じなので英語も通じなくて、メニューも全部ミャンマー語だったんで、何を頼んで良いのか分からず、とりあえずフライドライスを注文。

f0019356_2246118.jpg

レストラン店内、良い感じにきたない。笑


f0019356_22502322.jpg

俺が注文したフライドライス(チキン入り)卵が美味かった。


店もあんまきれいじゃなく、ちょっと心配だったけど、食った飯は本当美味かった。
バリで食ったナシゴレンも美味かったけど、ココのフライドライスはもっと美味かった気がする、味は少し濃いめだったけど、こんなに美味い物とも出会えて幸せだ。

ミンチョウからメールアドレスを交換しようと言われた。
ミャンマーはネット環境が悪いって聞いてたけど、今は大分よくなったみたいだな、
日本の事がもっと知りたいらしい。

飯を食ってると雨が降ってきた、さっきまですごい晴れてたのになぁ。
やっぱミャンマーは雨がすごい、本当にこれでもかって位雨が降る、折りたたみ傘を日本から持ってきていたんだけど、ホテルに忘れてしまったらしい、
バスで最後の目的地に移動することに。

バスは結構混んでいて、ぎゅうぎゅうに詰め込まれた、
ちょっと空いてきたらミャンマー人のおばちゃんが、「ココに座りなさいよ!」と言って手を引いてくれた。旅行者が珍しいのかも知れないけど、ささいな優しさが嬉しかった。

最終目的地はミャンマーで一番行きたかった、「シュエダゴン・パヤー」だ!

「シュエダゴン・パヤー」
ヤンゴン市街の北、シングッダヤの丘に金色に輝くシュエダゴンパヤーは、「聖なる」という言葉のもつ何処か近づきにくいイメージとは裏腹に、強烈過ぎるほど人々を引き寄せる力を持っている。その聖なる力に誘われ、現地人、旅行者問わず毎日大勢の人が訪れる。

ココの仏塔の歴史は古く、今から2500年以上も昔にさかのぼると言う。何度も地震に耐えた仏塔の原型は、15世紀中期にときの権力者でバゴーの女王シンソープによって完成された。
ヤンゴンがダゴォンと呼ばれていた昔から、やがて東西通商の街として栄え、1755年にアラウンパヤー王に破壊され、後にヤンゴンとして復活、
そんなヤンゴンの歴史をシュエダゴン・パヤーはずっと、このシングッダヤの丘の上から見守っていたのである。

f0019356_2345447.jpg

シュエダゴンパヤー


シュエダゴンパヤーの高さは99.4m、基底部の周囲は433m、使われている金箔の数だけでも8688枚と言われている。塔の最頂部部には一個76カラットのダイヤモンドをはじめ、総計5451個のダイヤモンドと1383個のルビー(ミャンマーはルビーが有名)、ほかにもヒスイなどの宝石がちりばめられている。
塔の最頂部は望遠鏡(無料)で眺めることが出来る。

ここのすごさに本当に圧倒されっぱなしでした。
多分一日いないと全部は見れないだろうなーってくらい大きかった。
なので、何点か気になるものを紹介しようと思う。

f0019356_031131.jpg

マハ・ガンタの釣り鐘


マハ・ガンタの釣り鐘はパーリ語で「偉大なる鐘」を意味する。
1788年シングー王により鋳造されたもの、重さは23トン第一次英緬戦争中の1825年イギリスががこの鐘を持ち出し、船に積み込もうとして失敗し、川に沈めてしまった。
後にミャンマーの人々が引き上げて、鐘は無事に元の場所に納められたらしい。
鐘の周り上部には絵が描いてあった、川に沈んだ鐘の絵や、イギリス軍が鐘を川に落としてる絵だ、
英語の聞き取りがまた微妙感じだったけど、絵があったんで分かりやすかった。

あと、面白かったのが、
ミャンマーには伝統暦「八曜日」というものがある、
ミャンマー人にとっては、「何年の何月何日に生まれたか」よりも、「何曜日に生まれたか」の方が大事で、
生まれ曜日によって、その人の性格、人生、他人との相性などが決まるらしい。
「八曜日」が西暦の七曜日制と違う点は、水曜日だけ午前と午後に分けられているところだ。
8つの曜日は星、方位、動物によって表され、ミャンマーのパヤー(寺)には、必ずそれぞれの方位に「八曜日」の祭壇が建っている。
祭壇の前では、その曜日生まれの人が熱心にお祈りしているのだ。

ちなみに俺は木曜日生まれで、方位は西で支配星は木星、象徴となる動物はネズミだった。
なので西側にあるネズミの像に水をかけてお祈りをしました。

自分の生まれ曜日、動物などが知りたい方はコチラ

そんな感じで途中休憩しながら寺を一周した。

f0019356_026263.jpg

雨のシュエダゴンパヤー


一日ヤンゴンを観光して本当楽しかった、
ミンチョウにホテルまで送ってもらって別れた、
別れる前に、「今度来たら空港まで迎えに行くよ、そんで俺の家に来い、妻と一緒にご飯を食べようよ、カレーを作るよ、」と言っていた。
別れ際「Without forgetting me」と言ってたのが印象的だった、
なんか軽くウルルンな感じだ。

f0019356_0321855.jpg

俺とスーパーガイドのミンチョウ(ハンサム 笑)


ホテルでしばらく休んでから、また出かけた。
最後の夜だったんで、色々土産になりそうなもを探して街をあるいた。
コンビニみたいな、小さいスーパーがあったんで入った、ミャンマービールが欲しくて探してると、冷蔵庫の前に座り込んだ日本人の女の子(多分大学生くらい)がいたんで声をかけた。
その子は一人旅でミャンマーの北のほうを旅行してたらしい、今日鉄道で1日半かけてヤンゴンに到着したとの事、
途中の駅で一泊する際に、優しい現地の人に「家に泊めてあげる」と言われ泊めてもらったら、警察が夜中の1時に押しかけてきて逮捕されたらしい。笑

ミャンマーでは外国人を家にとめるのは違法、
すぐに釈放されて、電車が走る時間まで牢屋ですごしたらしい。笑
良い経験ができたと言ってたました。

その子もミャンマー人はみんな良い人だって言ってて、
やっぱミャンマー行った事ある人はみんなミャンマーは人が良いって言うなと思った。
俺も絶対そう言うと思う。

彼女と別れ、夜も更けてきたのでホテルに戻ることに、
途中に通ったスーレーパヤーがライトアップされてて本当キレイだった。
まだ開いてたので、お祈りしてホテルに戻った。

f0019356_0475633.jpg

夜のスーレーパヤー本当キレイ


f0019356_0471982.jpg

帰りに買った大好物のマンゴスチン(なんと一個10円)


帰ってホテルの従業員たちと少しおしゃべりして部屋にもどった。
明日タイに戻るんだけど、本当ミャンマーは楽しかった。人が良い国は最高だなと思った。
[PR]
by concent_y | 2007-09-23 00:00 | ミャンマー・タイ旅行記
<< ミャンマー・タイ旅行記 4日目 ミャンマー・タイ旅行記2日目後半 >>


 
カテゴリ
全体
プロフィール
日 記
プチ旅行
グルメ
国内旅行記
韓国旅行記
チュニジア旅行記
上海旅行記
ケニア・タンザニア旅行記
タイ旅行記
香港旅行記
ミャンマー旅行記
北京旅行記
インドネシア・バリ島旅行記
ミャンマー・タイ旅行記
思う事
役立ち
自分用
未分類
最新の記事
SAVE JAPAN
at 2011-03-17 01:44
韓国旅行記 年始編
at 2011-01-01 00:00
韓国旅行記 年末編
at 2010-12-31 00:00
2010年を振り返って
at 2010-12-26 00:00
ハリーポッターと死の秘宝
at 2010-12-11 00:00
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

© 2010 CONCENTRATION. All Rights Reserved.